地域の活力向上委員会

事業方針

 委員長  吉田 雄希

本年度、地域の活力向上委員会では、私達が暮らす地域の方々に伝統ある継続事業や献血事業への参加や協力をして頂き、更なる交流を図ることにより地域の活力が生み出され「明るい豊かな社会の実現」への第一歩に繋がると考え一年間活動をしてまいります。
先輩諸兄より長く受け継がれてきた「日本のまんなか渋川駅伝大会」は今年度で68回目を迎えます。大会開催にあたり、今までの大会情報を集約し、行政関係や諸団体と綿密な打ち合わせを行い、参加者やボランティアの方が安全且つ、思い出に残る大会を運営致します。また「日本のまんなかジュニア駅伝大会」は19回目を迎え、参加される子供達には仲間同士競う気持ちは勿論のこと、それ以上に仲間と襷を繋ぎ合い、チームワークで走り抜く大切さを実感してもらえる様な大会を開催致します。そして今年度は、参加者を応援して下さる地域の方々にも駅伝大会を肌で感じ楽しんで頂ける工夫を行政関係や諸団体と協働し、取り込んでまいりたいと考えます。
「献血運動」では、まず日ごろ献血への呼びかけを行っている私達メンバーに、献血の重要性や正しい知識を理解して頂く例会を開催します。現状日本の医療に欠かせない輸血用血液に関し、若年層の献血者数の減少傾向は年々増している状況です。メンバーが献血の重要性を理解した上で、青年世代に対し積極的に献血へ参加して頂けるよう呼びかけを行います。
会員各位のご理解、ご協力をよろしくお願い致します。

事業計画
  • 第68回日本のまんなか渋川駅伝大会の企画・実施
  • 第19回日本のまんなかジュニア駅伝大会の企画・実施
  • 献血に関する例会の実施
  • 献血運動の実施
  • 会員の拡大
  • その他、地域の活力向上に関する事項
委員会事業費

250,000円

年間スケジュール

メンバー
    • 委員長
      吉田 雄希
    • 副委員長
      田渕 智也
    • 委員(書記)
      松村  隆
    • 委員(会計)
      永井  亮
    • 委員
      後藤 力良