一般社団法人渋川青年会議所
2020年度 理事長基本方針

2020年度理事長 永井 克俊

1968年、経済の発展に伴う人間性のひずみから生じる社会連帯意識の欠如を深く痛感し、暗中に一条の光明を青年会議所運動に見い出し、この問題を解決するのは、我々青年の手による以外はないとの堅い信念のもと、渋川青年会議所は設立されました。時代に先駆けて社会問題を抽出し、具体的な解決策を掲げ展開し、愛する地域のため運動を続けてきた歴史は本年で53年目を迎えることができました。目まぐるしく社会が変化する時代のなか、地域、行政ならびに関係諸団体のご理解ご協力および先輩諸兄の情熱のおかげで襷を受け継ぐことができましたことを感謝申し上げます。

令和の時代を迎え新たな幕開けとなりましたが、私たちや地域を取り巻く環境は常に変化しております。景気の部分では、大規模な金融政策による経済の長期的な低迷からの脱却、大企業の企業収益は最高水準、失業率もバブル期並みの低水準となっております。ただ、経済成長率は低く、これは景気が悪いからではなく、労働力不足でこれ以上成長できないからだと考えられます。AIやロボット開発による労働力の代替、また、企業のグローバル化の進展に拍車がかかっておりますが、地方都市経済との差を感じます。この状況の先に、地方の未来はどうなってしまうのでしょうか。私たちがあらためて、地方独自の特色ある文化や歴史、風土、魅力をしっかりと認識した上で、地方経済を成り立たせていくことが必要です。日本創成会議によると、この渋川市でも少子高齢化が進み、消滅可能性都市に含まれるとの発表がありました。人口減少による地域コミュニティの希薄化や地方の衰退がささやかれる中、これら問題を解決するために必要とされるのは、我々が世のため人のため地域のために向き合い、地方創生し社会を変えるという強い信念を持ち行動することです。渋川の未来のために、気持ちを新たに運動して参りましょう。

まちのために

渋川の魅力は何か。希望は何か。あるべき未来はどうか。こう問われたときにすぐに答えられる市民はどれくらいいるでしょうか。

渋川市は、日本、そして群馬の中央部に位置し、赤城山や榛名山などの美しい稜線を望み、利根川、吾妻川の清流が合流する、水と緑の豊かな自然に恵まれたまちです。都心からも約100キロ。電車、高速道路の利用で約80分とアクセスも良く、市内には伊香保温泉をはじめとして良質の温泉がいくつもあり、自然観光、遺跡、旬の果物や野菜も豊富で、四季を彩る花の名所もたくさんあります。お祭りも盛んで各地域、夏には伝統あるお祭りが開催されております。

私は、まちをPRするためには事業こそが最大の発信だと考えます。『我々が行う事業を、メディアに取り上げていただき、世の中から注目され、より多くの方に伝播させる。』それが、渋川青年会議所2020年度、最重要事項です。我々が培った多種多様な考えと行動、地域とそれぞれの個性を事業に反映させることが出来れば、渋川をより知っていただけるものとなると信じます。本年、群馬デスティネーションキャンペーンや東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。あらためて渋川をPRする絶好のチャンスです。今こそこのチャンスを逃すことなく、渋川の持つ魅力を有効活用することで、希望溢れるまちへと渋川を進化させる時です。私の考える希望溢れるまちとは、市民一人ひとりがまちに将来を感じ、生活し、誇りに思えるまちです。そしてその先の未来は、市民同士が絆でつながり笑顔あふれる活気のある地域となるでしょう。そのためには、私たちが行動することで想いを伝え、運動を伝播し、やがては大きな運動となることが必要です。自身に強い想いがなければ相手の心を動かす事は出来ません。我々が運動の先頭に立ち、市民の意識を変え世論を喚起し、地域、社会を変える原動力となるという役割を果たした先に、渋川は今よりもっと希望溢れるまちへと進化を遂げるでしょう。

地域のリーダーとして

青年会議所しかない時代から青年会議所もある時代へ変化しているなか、我々青年会議所があらためて、地域に根ざすにはどうしたらよいでしょうか。我々は地域社会、会社組織において、常に「人」と関わり合いながら喜び、時にはぶつかり合いながら成長しております。『明るい豊かな社会の実現』という志に必要なのは、私たちの強いリーダーシップです。青年会議所はリーダー育成に最も優れた団体だと確信しております。なぜなら、長い歴史の中で紡いでこられた規律ある組織運営と、愛と友情に満ち溢れたネットワークが青年会議所には存在し、各界各層の多くの人と関わりがあるからです。「ひとは人との関わり合いの中でしか磨かれない。」目的に向かいどれだけ多くの人を巻き込みながら、自分だけではなく周りと一緒に挑戦できたかが、青年会議所での大きな学びの一つであり、リーダーシップの向上へと繋がります。事業、例会、委員会、各種大会、トレーニング講座へ積極的に参加いただき、多くの学びを享受していただきたいと思います。また、各委員会が研修を意識した運営を行なうと同時に、事業計画セミナーも行い、青年経済人として成長していただける場を設けます。そこから得た強いリーダーシップと、青年会議所でしか経験できない多くの学びを、地域社会、会社組織に還元し、更なる自己成長を遂げましょう。

我々がまちづくりの先頭に立ち行動することで、青年会議所も躍進します。地域から信頼された団体のみが、地域から必要とされ地域を牽引していきます。信頼を得るために自らが率先して行動し、我々の運動をより加速させて行きましょう。

次代を担う子どもたちへ

少子高齢化が進むこの日本において、我々が生活するこの地域も例にもれず、未来を担う子どもたちの育成は、我々責任世代の果たすべき使命であります。しかし、子どもたちを取り巻く環境は核家族化の進行、スマートフォンやタブレットの普及による人とのコミュニケーション不足、および地域社会との関わりの希薄化の危機に晒されています。私は、今の子どもたちに必要なのは、生まれたふるさとへの愛着、自分への自信そして夢や希望を与える大人だと考えます。将来、生まれ育ったまちに、子どもたちが郷土愛を持ち生活してもらうには、我々が先頭に立ち地域社会と連携し、大人世代と子ども世代をつなぐ架け橋となり、共にまちの未来を考えるきっかけを作る必要があります。子どもたちの声に耳を傾け、未来を一緒に考え、この自然豊かな渋川で子どもたちが郷土により愛着をもっていただけるよう運動を展開しましょう。また、本年は東京オリンピック・パラリンピックが開催される特別な一年となります。この機会を活かすべくスポーツ振興事業を開催し、子どもたちの団結力およびコミュニケーション能力の向上、身心の健康に寄与し、青少年健全育成に努めましょう。

継続事業を通して

渋川青年会議所には、脈々と受け継がれてきた数々の継続事業があります。

本年度、節目の年を迎える「第70回日本のまんなか渋川駅伝大会」および「第21回日本のまんなかジュニア駅伝大会」、渋川へそ祭りの中で行われる「第27回ちびっこへそ踊りパレード」、日本赤十字社と協働して行っている「献血事業」、創立45周年記念事業として始まった「手紙事業」があります。継続事業を、伝統と想いを引き継ぎ開催し、市民および地域から必要とされることが重要です。いずれの事業も参加者が笑顔になり、活気あるまちづくりの根源とするべく続けてこられた事業です。ただ継続するだけではなく常に進化を求め、時代のニーズに合わせ設営し、未来に目を向けまちの魅力や事業の意義を次代に繋げていく必要があります。また、継続事業はふるさとの歴史をより深く学べる機会であり、行政、ボランティア、関係諸団体、市民の皆様との交流を通して様々な活動から多くの学びを得ることができます。事業開催にあたり多くの方と交流し、相互理解を促進させることで、継続事業に携わる一人ひとりに地域への想いが深まり、愛郷心に繋がり地域が活性化すると考えます。この伝統ある継続事業を受け継ぎ、更なるまちの発展のために尽力しましょう。

会員の拡大と交流

渋川青年会議所の運動に「人」は欠かせないものです。「人」がいなくては運動規模も狭まり、可能だったものが不可能になり、閉塞感に包まれ組織は衰退してしまいます。組織運動を継続するためには会員拡大が不可欠です。会員拡大にとって最も重要なことは、我々メンバーが渋川青年会議所をPRし、個の力で会員拡大に尽力することです。それには自らの行っている運動に自信と誇りを持ち、内部研修によるスキルの向上と例会事業によるやりがいと成長を約束すると共に、同世代で同じ志を持つ者同士、価値観を共有したもの同士だからこそ、仲間として深い友情で結ばれ、その絆は宝となると言うことを拡大対象者へ伝え、入会につなげたいと思います。

また、メンバーにはビジネスマナーを学んでいただくと同時に、コミュニケーションの場を設け、活発な交流ができるよう組織運営致します。我々の運動をより効果的なものとするためにも、歴史を紡いできた特別会員の皆様との活気のある交流の場を設けると同時に、自身が青年会議所の運動を行うにあたりそばで支えてくれている方に対しての、感謝の気持ちを形にします。

結びに

我々が青年とよばれる時間はあとどのくらいあるでしょうか。時間は平等に経過していきます。この限られた貴重な時間を、少しでもまちのため誰かのために使うことは意義のあることです。家族があり、仕事があり、仲間がいる。私たちは幸せです。そんな私たちだからこそ、さまざまな視点からまちの未来を見据え、我々が生活する大切なこのまちを自分たちで守り、次の世代に託していくことが限られた時間の中で果たすべき私たちの使命です。愛する地域のため信頼する仲間と共に不撓不屈の精神と初志貫徹の意志で、運動を展開することをお約束し、理事長基本方針とさせていただきます。

一年間よろしくお願いいたします。