まちの元気委員会

委員長 南雲 大輔

事業方針

本年度、まちの元気委員会では、私たちの生活するこのまちが「活気あるまち」となれるように活動してまいります。また、会員の皆様に、「明るい豊かな社会」の実現に寄与する英知ある人材となっていただきたく、研修を行ってまいります。
「活気あるまち」とは、多くの人が訪れるまちであると考えます。しかし、渋川を訪れる観光客数は減少傾向にあります。これは、渋川の魅力が知られていないからであると考えます。そこで当委員会では、地域の方と共に一人でも多くの人が渋川を訪れ、魅力を知っていただく一助となる事業を開催いたします。
我々はまちづくりを実践するうえで、住民の皆様からの理解と協力を得る必要があります。そこで、地域とのつながりを大切にするリーダーを育成する例会を行います。自身の利益を追求するだけでは、奉仕の心や感謝の気持ちは生まれません。周囲の利益を優先して考え、これまで以上に自ら進んで行動するリーダーを育成できるよう努めてまいります。
行動に責任が伴ってくる世代の我々には、人前で話す機会が増えてまいります。3分間スピーチでは、限られた時間の中で自分の伝えたいことをまとめる技術、自分の思いの伝え方、話し方等を身につけていただくことで、会員の資質の向上につなげていきたいです。
さらに、トレーニング講座では、青年経済人としての基礎的素養を学んでいただきます。基礎的素養を身につけることで、これからの人生をより有意義なものにしていただけるように努めてまいります。
会員各位のご理解、ご協力をよろしくお願い致します。

事業計画

  1. 地域振興事業の開催
  2. 3分間スピーチの実施
  3. (一社)渋川青年会議所トレーニング規程に基づく講座の実施
  4. インストラクターの養成
  5. 会員の資質向上に関する例会の実施
  6. その他、まちを元気にする事項

予算

300,000円

年間スケジュール

メンバー

委員長 南雲 大輔
副委員長 清水 俊作
委員(書記) 藤川  匠
委員(会計) 福田 光広
委員 須藤 大介
委員 黛  英俊